飲食店のパートの仕事は基本的には体力があれば

パートタイマーでも、たくさん稼いでしまうと確定申告をしなければいけなくなります。

飲食店のパートの仕事は基本的には体力があれば

パートで確定申告をしてくないときの節税法

飲食店のパートの仕事は基本的には体力があれば
パートタイマーでも、たくさん稼いでしまうと確定申告をしなければいけなくなります。パートタイマーは給与労働者であって、他のアルバイトと何も変わりません。ですから、給与所得控除と基礎控除の二つを足しあわせた103万円以上を一年に稼いでしまうと、きちんと確定申告をしなければいけません。でないと脱税扱いになって、追徴金も支払う義務が生じます。追徴金は非常に利率が高く、放っておくとかなり膨れ上がってしまう点に注意が必要です。きちんと税金は収めるのが、実は一番お得な方法になるわけです。

もしもパートで働いていて確定申告をしたくない場合には、年間の給料を103万円以下に抑えるのがいいでしょう。もしくは、国民年金などを支払い、控除が適用される保険にも加入をすることで、課税所得をゼロにする方法もあります。この方法は、案外自分のためにもなるのでオススメができます。これは決して脱税ではないので、堂々としていられます。節税のなかではかなり一般的なことです。ふるさと納税をすれば、一定金額分は控除にすることができます。他にも、さまざまな控除があるので、それをフル活用していけば確定申告もする必要がなくなることが多いです。