飲食店のパートの仕事は基本的には体力があれば

雇用形態には、正社員、契約社員、アルバイト社員、パート社員があります。

飲食店のパートの仕事は基本的には体力があれば

企業の正社員とパート社員

飲食店のパートの仕事は基本的には体力があれば
雇用形態には、正社員、契約社員、アルバイト社員、パート社員があります。正社員は厚生年金などの社会保険が全てととのっております。また、対極金制度、福利厚生なども利用できます。企業が正社員を1人採用すると、実際に社員に払う給与のほかに、健康保険、厚生年金の企業負担分、雇用保険、退職金の積立などが必要となります。目に見える給与意外にいろいろな部分で費用負担がかかるのが人件費になります。

企業が実際に支払う給与の1.5倍がその人にかかるのが人件費になります。そのため、企業は正社員が少ないほど固定費が少なくて済みます。企業は人件費を抑えるためにアルバイト社員、パート社員を増やしていきます。正社員が全ての仕事行うのではなく、簡単な仕事、単純労働はパート社員に任せてしまい、社員の仕事を減らし、正社員の人数を減らして生きます。そして、パート社員の人数を増やしていきます。

企業が求めるパートの社員としては、1ヵ月に多くの時間を働かない人がベストです。厚生年金、健康保険などの企業負担分が企業にとっては大きな負担になります。固定費をいかに抑えるか、パート社員を増やしながらもうまく仕事のレベルを落とさないことが企業に必要となります。